SSブログ

「産科医減少は出生数の減少の反映」厚労相 [時事ネタ]

マスコミには取り上げられていませんが。

おおもとのソースは
衆議院TV
http://www.shugiintv.go.jp/jp/video_lib3.cfm?deli_id=33330&media_type=wn
枝野幸男議員の23:30ごろ、他です。

(今年の)2月7日の衆議院予算会議で
「なぜ産科、産婦人科と外科だけ医師の数が減っているのか、大臣はご理解されてますか?」という質問に対して、
柳沢厚労相は

「産科は先ほど来、私も触れたかと思いますが、出生数の減少で医療人数がはっきり低減しているということの反映という風に承知いたしております。」

と発言しました。
つまるところ、産科医が減っているのは少子化、つまり需要が減っているから。
「産む機械」発言は不適切とはいえ国会を停滞させるなんて野党は何をしてるんだ、と正直思っていました。
が、全国各地で起こっている妊婦さん、妊婦になりたい方の悲鳴を、市場原理でしか見てない人が厚生労働大臣やってていいんでしょうか。

他にも
堀病院での無資格助産が起訴猶予(違法だが、起訴しない)となったが現実には日本中あまねく配置できるだけの助産師数は平成22年になっても1000名不足する、ではこの違法状態をどうするのか、という問いに対して

ネットワーク化、リタイアした助産師の掘り起こし

とまったく答えになっていない答えを繰り返すだけ。

気難しい問題は大衆受けしないかもしれませんけど、いいんですか?厚労相の見識の低さや内閣の無策を記事にしなくても。
一般の皆さんもいいんですか?声をあげなくても。


ネット発 声を挙げよう blog (仮称)
産科医が減っているのは、出生数が減っているから ~柳沢厚労相~
http://aifuru.blog91.fc2.com/blog-date-20070207.html

勤務医 開業つれづれ日記
民主党枝野vs柳沢厚労相(と安倍総理のゆかいな仲間たち)
http://ameblo.jp/med/

ある産婦人科医のひとりごと
枝野議員と柳沢厚労相との質疑応答(国会衆院予算委)
http://tyama7.blog.ocn.ne.jp/obgyn/2007/02/_105.html

元検弁護士のつぶやき
枝野委員の衆議院法務委員会での質疑
http://www.yabelab.net/blog/2007/02/10-171911.php


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。